FC2ブログ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    拷問

    千葉に住むオナニー鑑賞主婦のゆかさんからお叱りを頂戴してしまいました。

    まだスケジュール調整できないのですか?と少しイラついた感じのメールでした。

    でもお互い、物理的にも距離がありますし、なかなかチャンスは生まれません。

    それで週末はあやさんからの呼び出しがありました。

    ホテルにチェックインして部屋に入るなり、服も脱いでいないのに本気の膝蹴りが鳩尾に入りました。

    うずくまっている私を髪の毛を掴んで起こして正座させて、その膝の上に股を広げて座ると往復ビンタされました。

    私は頭の中が真っ白でしたが・・・

    「お前、浮気してない?」

    「どういうことでしょうか?浮気などするはずがございません」

    「わかるのよ。女がそういうこと気付かないはずないでしょう?」

    ニッコリ笑いながら問い詰めてきました。

    SM_PIC1029.jpg

    「怒らないから言ってごらんなさい。私、あなたが他の女性とどうしようがいいの。でも自分がないがしろにされることだけは我慢ができないの。」

    「でも身に覚えがないことはお答えのしようもありません」

    「まだトボける気?」

    突然立ち上がったあやさんは殴る蹴るの大暴れ。

    これはもはやプレイではないようでした。

    「お前は私の所有物なのよ!おわかり!?」

    さらに顔を踏みつけてきて、靴の裏で踏みにじってきました。

    「前に裏切った時の罰を決めたの覚えてる?忘れたとしても関係ないわ。あなたには罰を受けて頂きます」

    「どうしてですか?私は無実です」

    「白いものでも女王様が黒と言ったら黒でしょう?そんなこともわからないの?」

    そうおっしゃって膝を腹に落としてきました。

    本気で苦しくて、意識が遠のいたどころではなく、恐らく一瞬ですが、本当に気絶したと思います。

    「何よコレ?失礼でしょう!私に魅力がないということなの?」

    そうおっしゃって萎えたペニスをしごき始めました。

    勃起したところで入念なフェラをされてイキそうになったところで寸止めされて、ペニスパンチを食らいました。

    やはりもうこれはプレイではありませんでした。

    あやさんの口調も命令口調というより、普段の敬語のような言葉でした。

    「苦しいですよね?でもこれは身から出た錆だということはわかってください」

    「ゲホゲホ・・・・・」

    「苦しいですよね?辛いですよね?私の胸のうちはそんなものではないんですよ。」

    「でも本当に何もないんです・・・」

    「そういう嘘の一言が私の心の傷をえぐっているのがわからないんですか?」

    そう言うと頬にパンチをしてきました。

    女性の力も本気を出すとバカにしたものではないことは身に染みていましたが、本当に辛かったです。

    「今回だけは水に流しますので全て正直に言って下さい」

    そう言うとペニスに膝を乗せて体重をかけはじめました。

    「ギャーーー」

    「白状して下さい」

    「な、何でも言いますので、勘弁して下さい」

    でもやめてくれませんでした。

    「早く言って下さい、言ったら楽になれますよ」

    「膝をおろして下さい、お願いします、もう限界です。何でも言います」

    私の股間に乗せた膝からスーと力が抜かれました。

    私の視界は涙で曇っていました。

    「う、浮気をしました・・・」

    「お相手はどんな方なの?」

    「でも本当はしてないんで・・・何て言えば良いのでしょうか?」

    「まだそんなこと言うのね」

    あやさんは私の足の方を向いて、両肩に膝を乗せられて全体重をかけられた上で、両手を組んで股間にドスンと落としてきました。

    「も、もうしわけありませんでした。ゆかさんという女性と・・・」

    「なぁーに?ゆかさんと何をしたの?」

    「オナニーを見て頂きました」

    「それだけ?いじめて貰ったの?」

    「いいえ、ただ見られて、携帯で画像やムービーを撮影されました」

    「ゆかさんはどんな人なの?幾つくらいの人なの?」

    「恐らく30歳くらいで千葉在住の人妻さんです」

    「あなたはいつもそのゆかさんを妄想してオナニーしてるのね。私を妄想するのは飽きちゃったの?」

    「いいわ、ゆかさんを妄想しながらオナニーして見せて」

    そしてオナニーをして見せました。

    終わるといつものあやさんに戻っていました。

    拷問プレイはいかがでしたか?」と聞かれました。

    なぁんだ、プレイだったのかと胸を撫でおろしました。

    「最初は拷問とは思えずどう対応していいかわからず戸惑いました。そこがドキドキしてたまりませんでした」

    「フフフ、ゆかさんだなんて、本当にそういう人がいることがわかったら、あなたのチンポに"あや"ってイレズミ彫っちゃうかも」

    「ぜ、絶対に裏切りません。でも私が既婚者だということはご存じでしたよね?」

    「うん、それは仕方ないと思うわ、私も既婚者だし、お互いこういう趣味持っちゃったんだから内緒でお付き合いしていくしかないですよね」

    テーマ : SM・S女性の厳しさ
    ジャンル : アダルト

    tag : オナニー鑑賞 浮気 膝蹴り ビンタ 女王様 ペニス パンチ 人妻 拷問

    コメントの投稿

    非公開コメント

    最新記事
    最新コメント
    blogram
    blogram投票ボタン
    人気ブログランキング
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    アダルト
    34919位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    SM
    1550位
    アクセスランキングを見る>>
    feedmeter
    フィードメーター - M男妄想録
    カレンダー
    06 | 2018/07 | 08
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    カテゴリ
    プロフィール

    ポン太

    Author:ポン太
    妄想好きなM男です。

    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。