FC2ブログ

    合格は恐怖の代償

    076s.jpg

    昨日、アヤ様にお逢いしてきました。

    ホテルに向かう途中、怖いですか?と満面の笑みで聞いてきました。

    チェックインして、いかにも普通のカップルのように腕組みをして部屋に入りました。

    腕に触れたアヤ様の胸がたまらず半立ちになってしまいました。

    部屋に入ると、今日は何かしかの手段で私への忠誠を証明して頂きます。

    モナリザのような微妙な笑みを浮かべながら私の目を見てそう言ってきました。

    まずはシャワーを浴びてきて下さい。

    私はピアスができなくて申し訳ありませんと謝るタイミングを逸したままシャワーを浴びました。

    シャワーから出ると、アヤ様が立っていて

    体を拭いてもいないのに私の腕を掴んで無言で部屋に引っ張っていきました。

    するといきなり金蹴りからのスタートでした。

    手加減はして頂いていたと思いますが、苦しいなんてものではなく

    蹲って息も絶え絶えに股間を押さえていたら、

    手を掴まれて後ろ手に縛られました。

    縛られたというより、彼女が持参したガムテープを巻かれたのですが。

    そんな私を床に正座させると、股を広げて私の腿の上に座ってきました。

    信じられないことにアヤ様はそのまま私に優しくディープキスをされました。

    首に腕を回して唇を吸ったり、舌を入れて口の中を掻き回したりした後、

    忠誠を誓ってくれる子には私は愛をあげるわ、とおっしゃいました。

    裏切った時の代償は大きいわよ。

    そうおっしゃると私の口にガムテープを貼りました。

    そして鞄から何か取り出しました。

    私にとっては見たこともないものでしたが、

    コレ、ピアッサーって言うの、何するものかわかる?

    名前からして一目瞭然です。

    押し倒されて顔騎で上半身を押さえつけられ、器具をペニスにあてがわれました。

    よく聞きなさい!いい?聞いてる?

    頭の中が真白で何も答えられなかったと思いますが、

    聞きなさいと言ってるでしょう!とペニスを殴られて我に返りました。

    やっとの思いで首を縦に振る動作をするとわかって頂けたのか

    説明に入りました。

    あなたは私にピアスの穴を開けさせると約束したわね。

    私もそうすると約束した。

    私は約束を破ることは大嫌いなの。

    こんなピアッサーなんかじゃおちんちんに穴は開かないわね。

    それでこれを用意したの。千枚通しよ。

    私は恐怖のあまり気を失いかけました。

    おちんちん本体と皮だけとどっちがいい?それとも両方?

    皮だけなら全然痛くないし、消毒もするから安心して。

    何も通さなければそのうち塞がるし。

    あなたがホンモノのマゾでそれでは満足できないと言うのなら本体いくわよ。

    どうしたの?涙なんかこぼして。怖いの?

    でもあなたが何なりとって言ったのよ。

    実は私もこれはやり過ぎかなと思ってないわけでもないし、やめてもいいのよ。

    その代りに縫い針でボタンをつけてアゲルのもいいわね。

    あや様はバッグをガソゴソしながら大分長いこと何かを探していらっしゃいましたが

    あった、あったと裁縫道具を出してきました。

    脱脂綿に染みさせたアルコールで針を拭くと

    注射と一緒よ。

    そう言いながらペニスにチクリをあてがったようでした。

    ガムテープで口を塞がれた私は声にならない叫び声をあげながら

    必死にジタバタしましたが、

    アラァ、そんなに良かったの?決めたわ、針にするわ。

    そう仰って針に糸を通し始めました。

    どうしても怖くてイヤだったので抵抗を続けてたら

    チクッとした感触がありました。

    ホォーラ、平気だったでしょう?これで穴が開いたわ。

    見てごらんなさいと体を起こされましたが、

    怖くて見れませんでした。

    涙が頬を伝ってボロボロ。

    するとアヤ様は私の涙を舐めてから口にキスしてきました。

    そして耳元で、嘘よ、穴開けるマネしただけだから安心して、とおっしゃいました。

    私の思考回路がショートしていて何もわかりませんでした。

    アヤ様は私の髪の毛を掴んで立たせると

    乱暴にベッドの上に押し倒しました。

    さらに乱暴に口のガムテープを引きはがしました。

    すぐに服を脱ぎ捨てて下着姿のまま私に馬乗りになってきました。

    私はベッドでも涙が止りませんでしたが、

    そんなことはお構いなしにアヤ様は萎えたペニスに股間を擦りつけてきました。

    アヤ様は女王様らしくもなく、小さな呻き声を出しながら

    目を閉じて、私の乳首を指先でつまみながら

    腰をグイーングイーンと動かし続けました。

    間もなくアヤ様は腰をズラしてフェラを始めました。

    私もこんな精神状態でもあるに関わらず勃起してしまいました。

    するとアヤ様はコンドームを装着して、

    下着を脱ぎ捨てると騎乗位で挿入してきました。

    ブラがずれておっぱい丸出しのまま私に体を合わせてきて

    マシュマロのような感触を味わわせてくれました。

    凄い絞まりの良さに私も爆発寸前で

    涙目のままだったと思いますが、イ、イキそうです、

    と情けない声で申告していました。

    すると往復ビンタの嵐。

    こんなに激しいことしながらアヤ様は無言のまま優しい笑顔を作っていらして

    私はそのままイッテしまいました。

    アヤ様はコンドームを処理して下さった後、

    丁寧に腕のガムテープをはがしてくれました。

    もうプレイは終わっているようで、痛くないですか?などと声をかけてくれました。

    ガムテープを解くと、全裸のまま私に抱きついて

    濃厚なキスをして下さいました。

    そして二人でバスルームに行くと体も洗ってくれました。

    優しくペニスを擦りながら

    さっき、本当は亀頭を刺そうと思ったんですけど、やらなくて正解でした。

    もう気分がノリまくって自分を抑えられなくなっていたんですけど

    何かの声が私を止めてくれたんです。

    そう言ってかわいらしく笑っていました。

    私もあの恐怖を思い出してしまい、体が震えてきました。

    大丈夫?そんなにショックでした?

    シャワーから出ると何と体まで拭いて下さり、

    ベッドに腰かけるように促されて、大丈夫ですか?もう少し休みますか?

    と声をかけてきたかと思ったら、また私の膝の上に座ってきて

    優しくキスし始めました。

    やっと私も言葉が回復してきて、

    申し訳ありませんでした、こんなに怖がるなんて

    私がアヤさんのこと信用できてなかったということですね

    そう言って詫びました。

    フフフ、最初から穴を開けるなんて考えていませんでしたよ。

    もうあなたは私の中でとっくに合格してるんですよ。

    今日はこれほど怖がってくれたのでケアしておかないと

    私の方が捨てられちゃうと思って頑張ったんですけど

    "飴"の部分は合格点頂けたでしょうか?

    こんなに謙遜する女王様は初めてです。

    そしてアヤ様はまた抱きついて私の体をまさぐってきました。

    私はもうアヤ様から離れられそうにありません。

    ホテルをチェックアウトした後、

    そういえば裏切った時の罰を決めるの忘れちゃいましたね。

    私もその言葉を聞いてドキッとしました。

    これは脅しでも何でもなく、万が一の時は本当に受けて貰う罰ですから

    現実味のあるものにしたいんですとおっしゃいました。

    あなたが許してと私のところに戻ってきた時の罰です。

    そのまま私から離れていくようであれば罰は無しですけど。

    でも今日は私も何も考えられないくらいまだ興奮してるから

    いろいろ考えてあとでメールしますね、とのことでした。

    テーマ : SM
    ジャンル : アダルト

    tag : 金蹴り キス ペニス ピアス 女王様 乳首 フェラ ブラ おっぱい コンドーム

    コメントの投稿

    非公開コメント

    最新記事
    最新コメント
    blogram
    blogram投票ボタン
    人気ブログランキング
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    アダルト
    20148位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    SM
    893位
    アクセスランキングを見る>>
    feedmeter
    フィードメーター - M男妄想録
    カレンダー
    11 | 2018/12 | 01
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    カテゴリ
    プロフィール

    ポン太

    Author:ポン太
    妄想好きなM男です。

    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード