FC2ブログ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    マセガキ物語1

    4151s.jpg

    女教師秘話をお送りしたので、いろいろと記憶が蘇ってきました。

    SMそのものとは少し毛色が違ってきていますが、

    考えてみると女性上位的な行為、体験がいろいろあったと回想しております。

    それにしても高校生の頃は本当にヤンチャで、遊んでいたかもしれません。

    夏休みは友達と新島に行きました。

    行けばヤレるという噂の天国のように崇めていた島です。

    島に向かう船の待合所から既にナンパは始まっていました。

    自分たちは大学生だということで口裏を合わせてました。

    まず待合所で声を掛けたのが、家政系の短大生グループ。

    船の上では、OLさんグループに声をかけて仲良しになりました。

    現地で同じ宿に泊まったのはOLさんグループ。

    もうヤルことしか頭にありませんでしたが、

    ビーチに着くや、待合所にいた短大生グループを見つけて再度ナンパ

    夜、一緒に花火をやろうと、定番のお約束をしてビーチでハメました。

    男たるもの、もう次のターゲットのことしか頭にありませんでした。

    そう、同宿のOLさん達でした。

    前の日の晩は、少しいいかな、と思った女の子を誘って花火やる予定だったけど、

    すっぽかされて、寂しく、男同士で花火をやった(大嘘)という話で切り込みました。

    お姉さん達は出会いとかないですか?

    みんなかわいいからナンパされて大変じゃないですか?

    と水を差し向けると、全然ないですよぉー、そんなの、と言ってました。

    じゃあ、花火とか一緒にやって貰えませんか?と誘いました。

    すると、いいよぉとOKを貰えました。

    夕食は宿の食事を一緒に食べてから、ビールを買い込んでビーチに行きました。

    我々は学生だけど19歳ってことになっていたのでビールは買えなかったので

    OLさん達に買って貰いました。

    勿論、花火をしながらそれぞれ示し合わせた狙いの子とツーショットになりました。

    でも我々の狙いは、必ずしも彼女達の狙いと一致してたわけではありませんでした。

    そんなことまで気を使えるほど成熟してない、タダのガキでした。

    とにかくキスを迫ると、優しくキスを返され、

    でもね、ゆきこがあなたのこと気に入ってるみたいだし、私はダメよ、とやんわりと断られました。

    それでも胸を揉んだり、股間を擦ったりしながら、キスを続けてると、

    お姉さん怒るわよ、と言われてしまいました。

    フンフンと喘いでた癖に、とスネながらも、

    お姉さんに聞いたゆきこさんにターゲットを絞りました。

    暗闇でこっそりと仲間内で打合せて、もう誰でも良かったので

    人割りを決め直しました。

    すると話が早いなんてもんじゃない、ゆきこさんの肩を抱くと

    目を閉じてきたので即効でキスをしました。

    ただ、年下扱いで、終始彼女が主導権を握っていました。

    若い子はすぐにイッちゃうから、一度出して落ち着いてからね、

    と、ビーチ裏の木の裏で手コキされて抜かれました。

    そこから彼女のネットリキスから始まり、乳首をいじくりまわされました。

    体に舌を這わされ、フェラされてる時に指でアナルを突かれたり、

    袋を手の平で包むように転がされたり、萎えたペニスはすぐに回復基調でした。

    まわりでも暗闇でガサゴソと動きまわる様子が伝わってきてました。

    微かに聞こえる女性の喘ぎ声。

    私は草むらに寝かされて、何と顔面騎乗されてしまいました。

    そのままフェラをしてもらっているうちに最高角度に勃起しました。

    それから彼女は小さなバッグからコンドームを取り出して被せてくれて

    騎乗位で挿入してきました。

    そこからは周りに絶対聞こえるような、恥ずかしくなるような声で喘いで、

    彼女はイッてしまいました。

    私は女性がイッている姿を見たのはこれが初めてだったかもしれません。

    東京に帰ってきてからも数回彼女と逢いましたが、

    いつもゆきこさん主導のセックスで、時には彼女に全身舐めまわされ、

    時には私がゆきこさんの全身を舐めさせられました。

    数回逢ううちに、少しづつゆきこさんは冷たくなってきて、

    最後にはもうこれきりにしましょうと、フラれました。

    今、思えば年齢を少し突っ込んで聞いてしまったのが原因だったかと。

    私は17歳だったのに19歳と偽っていました。

    そのことをバカ正直に彼女に打ち明けました。

    すると彼女も22歳というのは実は嘘と言いながらも、本当の年齢は言おうとしませんでした。

    その後逢うたびにしつこく聞くと、最後には、実は28よ、と吐き捨てるように言ってました。

    女性に年齢を聞いてはいけませんね。

    テーマ : SM
    ジャンル : アダルト

    tag : ナンパ OL 顔面騎乗 出会い

    コメントの投稿

    非公開コメント

    最新記事
    最新コメント
    blogram
    blogram投票ボタン
    人気ブログランキング
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    アダルト
    34919位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    SM
    1550位
    アクセスランキングを見る>>
    feedmeter
    フィードメーター - M男妄想録
    カレンダー
    06 | 2018/07 | 08
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    カテゴリ
    プロフィール

    ポン太

    Author:ポン太
    妄想好きなM男です。

    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。